障害者の尊厳と社会参加

下北手梵天の慰問

 今年も1月17日の太平山三吉神社への梵天奉納前に下北手地区の実行委員会の方々が、当施設を慰問に来てくださいました。
 色鮮やかな梵天を「ジョヤサ、ジョヤサ」の掛け声で会場を回っていただき、利用者の皆さんは触れたり、持ち上げたりとお祭り気分を味わうことができました。また、民謡日本一に輝いた嵯峨幸男さんからは、「三吉節」と「本荘追分」を披露していただきました。
 奉納の当日は地域の方々と共に職員2名が参加させていただき、激しいもみ合いの中無事に奉納し、皆さんの安全祈願と健康祈願をして来ました。

     
      
     
   
     


このページの先頭へ